スポンサードリンク
Pocket

私たちが幸せだな~と感じるのはどんな時でしょう?

 

 

おいしいものを食べた時、あたたかいお風呂に入ってゆっくりできる時、

バーゲンでお得な買い物をした時、試験に受かった時、

内定をもらった時、営業成績がよかった時、好きな人と両想いになった時、

結婚した時、子供が生まれた時など、幸せを感じる状況はそれぞれです。

 

でも、最近、私はずっと覚えておきたい出来事がありました。

 

現在日本から離れて暮らしていて、育児や仕事で疲れていることがありました。

また、娘は夜寝るのにいつも苦労していて、疲れてきている状態でした。

周りの人が本当に助けてくれているのはあるのですが、

たまに気がしずんだり、「ちょっと気が疲れてきた…」ということがあります。

 

 

ある日、いつものように夜二歳になる娘と遊んでいて、

携帯を見たりしながら、

「娘が寝たら、お皿洗って、ブログ更新して、

あのメールとあれをチェックして、そしたら何時間寝れるかな…」

と色々考えていました。

でも別にストレスとかではなく、娘に怒ることもなく、ただ色々考えていたのです。

 

そしたら、娘がいきなり目の前に来て(大体床に座ったときの私と彼女の目線は同じくらい)

「ママ!だい…ぶ!!」「だい…うぶ!!!」

と言っているのです。

最近色々単語を覚え始めたので、しかも、ブドウとかりんごとか、おにぎりとか。

「また、色々な単語が混じって、言う練習をしたいんだな…」と思っていました。

 

それでも娘が一生懸命

「ママ!!だい…うぶ!!!」「ママ!だいじ…うぶ!!!」と言うので、

これまで私もよく言う言葉で何があったか考えてみました。

 

そしたら、彼女は

「ママ!だいじょうぶ!」と言おうとしていたのです。

 

 

それが分かった時は、ポロリと涙がでました。

 

心から娘に、一緒にいてくれて、ありがとうという気持ちと共に、

幸せな気持ちにさせてくれた彼女に感謝しました。

 

きっと、いつも一緒にいるので、何か違うなというのを感じ取ったのだと思います。

親と子供はやはり特別なつながりがあるのかなと思いました。

母親でしっかりしなければならない私が、

まだ生まれてきて二年にもならない赤ちゃんに慰められるなんて…

 

おそらく5年前、いや3年前の私ではこんな生活を想像できなかったでしょう

 

おいしいものを食べたときの幸せ、旅行したときの楽しさ、

試験、仕事、買い物など色々なところで幸せを感じられますが、

私にとって、この出来事は一生忘れられないことになりました。

 

家族や友達に少し話したのですが、

自分の家族や友達から遠く離れたところで、

慣れない暮らしに慣れようとがんばっている状況で、

きっとこんなに強い思いで感謝しているのは自分が一番わかっていることなので、

周囲に一生懸命伝えようとせず、自分の中に大切にしておこうと思いました。

 

でも一応、この日のことを忘れないように書き留めておきます。

 

今日も読んでいただき、ありがとうございました(^^)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 
スポンサードリンク

コメントを残す