スポンサードリンク
Pocket

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

世界で一番おいしい食べ物に出会ったと思った瞬間。

あります?

 

私は、その食べ物自体がすごくおいしいというよりも、

その食べる前にすごくお腹がすいていた時とか、

日本食を久しぶりに食べていなくて、

久しぶりの日本食とか、

 

すごく寒い、-10℃とかのところで飲んだ

ホットチョコレートとか、

 

燃えそうな暑さの時に飲んだスムージーとか。

 

そういう状況で、

「こんなにおいしいもの出会ったことない!」

って思うことが多いんです。

 

それで、最近そういうことあったかな~って思って

色々考えを巡らせていました。

 

暑い時にビアガーデンで飲んだビールもいいな。

 

とか、久しぶりの焼肉とか。

 

ポルトガル日記にも書いたんですけど、

パステル・デ・ナタ(エッグタルト)とかもおいしかったな~。

 

 

でも、今でも忘れないのは、

 

熱々ほくほくの出来立てのフランスパンと、

妊娠中でずっと食べられなかった(いや、食べられないと思ってたけど、本当は食べてる妊婦rもけっこういる)

 

生ハム!!!!!!

 

 

 

 

あれまで妊娠中もつわりも

全部我慢して生きてきたかいがあった~!!

と思った瞬間でした。

 

 

それで、生ハムにも色々種類があって、

一番おいしいのがイベリコ豚

 

よく聞かれると思うのですが

 

私がその時食べたのは、イベリコ豚ではなく

普通の生ハムでした。スーパーのやつ。

 

でも、あつあつのフランスパンと、(今まで一年くらい我慢してきた)生ハム。

 

一生忘れられません(涙)

 

 

それで、生ハムについては、

結構思い入れの強い私

 

ところで、イタリアのプロシュートと、

スペインのハモン(生ハム)は違いますので

 

 

見た目にてるんですけど

 

 

スペインの生ハム↓

 

参照元http://vamos-online.co.jp/blog/jamon_iberico_serrano/

 

 

 

イタリアのプロシュート↓

 

参照元http://www.gourmet-world.co.jp/shopping/?page=product&prod=199

 

 

違い。。。。

 

 

わからない。。。。

 

。。。

 

 

 

ミステリー。。。

 

 

 

食べてもわからないかもしれない。。。

 

 

でも、一応イタリアのプロシュートは、

豚肉さんを皮付きのままの状態で塩漬けして、

熟成させているので、

塩分が低く甘みがあります。

 

 

 

スペインの生ハムは、

豚さんの皮をはいで、脂の状態で塩漬けにします。

それで熟成させているので、塩分が強く、サラダ、

生のまま食べるのがおいしい。

 

 

前にホテルのバイキングで、

普通にプロシュートが「生ハム」と書かれて

置かれていたのが印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
スポンサードリンク

コメントを残す