スポンサードリンク
Pocket

 

 

できたてで、熱々のピザ、おいしいですよね~!!

 

しかも、デリバリーで頼む時には、

作る手間も、片付ける手間もいらないっていうのが

嬉しい♪

 

でも、必ず、三切れとか、二切れとか、

微妙な数が残っちゃうんですよね。。。

カロリーも気になるので、無理しておいしく食べれるのにも

限界があるし、次の日に残したら、

カピカピになって、おいしくないし。。。

 

今回は、残ったピザを次の日でも10倍おいしく食べる方法をご紹介します♪

 

ステップ1、

【用意するもの】クッキングシート、フライパン、コップに水を少々

フライパンを弱火~中火に温め、

ピザの底がクリスピーになる程度まで温める。

 

 

ステップ2、

火を弱火にして、ピザに直接水がかからないように、

フライパンに水を少し入れる。

数滴で大丈夫です。

 

ステップ3、

フライパンの蓋をして、弱火のまま一分間待つ♪

 

 

 

パンはもちもちで、底はクリスピーな

できたてピザになりました♪

 

ちなみに、昨日食べた普通の

マルゲリータ(トマトとチーズのシンプルなやつ)、

冷蔵庫でカピカピになっていたんですけど、

この方法で復活しました。

 

電子レンジやトースターだけで

温めてしまうと、30秒後くらいに、パンが

固いステーキみたいになっちゃうんですよね。

それではもったいないので、

このフライパンを使った裏技、

試してみる価値ありです。