スポンサードリンク
Pocket

 

 

なぜか、相談しにくい問題の「

まさか、自分がなるとは思っていませんでした。

 

 

他人事の時は、

「別に、恥ずかしい問題じゃないのに」とか、

「痔のクッションを買えば治りそう」

と思っていました。

 

でも、実際に、自分がなってみたら、

相談しにくいし、不快。。。

 

一度できてしまった、慢性的な痔。

今まで、できたことはなかったのですが、

出産を機に、なってしまいました。。。

 

出産の時は、普段使わないような力(すみません、これ意外表現しようがありません)

で、いきむので、やっぱり、おしりにも力が入ります。

 

でも、出産の時は、そんなこと考えてられません。

痔とかいう文字すら、頭のなかにありませんでした。

 

しかし、産んでから、何日かたって、

「おや、これは出産後の痛みではなくて、何かが違う。。。」

と思ってきました。

 

それは痔だったのです

 

一度できてしまった痔は、治りにくいんです(体験済み)。とほほ。

 

 

この記事では、痔についてと、慢性的な痔を治す方法をご紹介します。

 

 

1、痔と痔の種類

 

正直、痔についてこんなに書くことになるとは

思いませんでした。

しかも大々的にインターネットで。。。

 

でも、本当に悩んでいる人がいたら、

少しでも情報になればいいなと思って書いています

 

薬だけで治るものなのか、痔の種類によって、

治療方法が違うのか。とかですね。

 

一般的に知られているのは、

痔とは、肛門の病気の総称で、

「いぼができる」「切れる」「膿(うみ)が出る」

の3つのタイプに分かれるということです。

 

一般的なのは、いぼ痔です。

いぼ痔には二種類あります。

  • 内痔核

簡単には、肛門を閉じる役割のクッション部分が、うっ血して

膨らんだものです。症状は、痛みはほとんどなく、

排便時に出血したり、トイレットペーパーに血がついている

という症状です。しかし、進行すると、いぼ痔が外に出て、

指で押さえないと、中に入らなくなってしまいます。怖い。。。

 

  • 外痔核

肛門の外に血豆ができた状態です。長時間同じ姿勢や、歩きすぎが原因。

症状は、腫れて痛みますが、出血が少ない。これも、進行、悪化すると、手術になることも。

 

あの、、、どちらも怖いです。

 

他にも、裂け目が深くなって炎症が起き、潰瘍やポリープができて、

肛門が狭くなる、切れ痔。

 

肛門の周囲の皮膚が腫れて痛みを伴い、ときには熱が出ることもあるあな痔。

膿が出て下着が汚れます。この治療は手術になるとのこと。

 

調べれば、調べるほど、怖くなってきました。

自宅とか、生活習慣とか、とにかく

手術にならない方法ないんですか???とおびえているところです。

 

 

 

2、痔の原因

 

主な原因は、肛門へ大きな負担がかかっていることや、ストレスが考えられます。

生活習慣から、下痢や便秘になるような生活をしていると、

慢性的な痔になる確率も高くなってきます。

 

まずは、生活習慣を改善して、痔が治らないものでしょうか?

 

【生活習慣を見直すポイント】

  • お風呂はゆっくりつかる

これは、すぐにできそう。というか、今夜しなきゃ。

お風呂にゆっくりつかることで、肛門が清潔に保たれ、おしりの肛門にたまっている

うっ血状態が改善されます。

重要です。半身浴でも効果的。

  • トイレは5分程度

長時間、強くいきんでいる状態が続くと、

肛門に負担がかかり、出血につながります。といっても、

なぜか、トイレに長く座ってしまう習慣とか、あるんですよね~。

 

  • 便秘や下痢にならない

便秘や下痢は、痔の原因の一つです。固い便は、

肛門を傷つけたり、細菌感染を起こしやすくします。

生活習慣の見直しが必要です。とは言っても、慢性的な便秘とか、

妊娠中、出産後の便秘とか、個人的に悩んでいるんですけどね。。。

健康的に食べたりするのがいいみたいです。

 

 

  • 無理なダイエットはしない

食事の量が少ないと、便のかさが増えずに、

便秘になりやすくなります。

無理なダイエットはせずに、ある程度の量を

きちんと決まった時間に食べることが必要です。

 

もちろん、ジャンクフードや、ファーストフードは避けたほうがいいです。

忙しい人は、早くて手軽なので、ついつい手が伸びてしまうのですが。

 

  • 同じ姿勢を続けない
今、この記事を書いているときも、そう。
ずっと同じ姿勢なんです!!!
個人的には、全然気にならないので、
何時間でも座っているのが快適。。。
でもこれって、肛門がうっ血している状態なんです。
適度に歩いて、同じ姿勢をずっとしている状態は、避けたほうがいいみたいです。

 

 

3、痔の根治方法

 

痔の種類や、痔が進行したらどうなるかを調べていて、

これは、根治しなければ、一生悩まされる。。。

 

と正直ショックでした。

 

別にただ赤ちゃん産むときに、一生懸命いきんだだけなのに。。。

アルコール中毒とか、ギャンブル中毒なおしたいとか、そういうのじゃないのに。。。

 

 

痔になってしまったとき、

「あーあ、また痔か。。。」

 

と憂鬱な気分になります。

でも、周りからは見えないので、

自分の気持ちのみの問題です。

 

 

 

 

それで、根本的に、体質を改善する必要があるんじゃないかな。

と思ったんです。

慢性的な、痔の発生、治療を繰り返していても、

結局そのスパイラルになってしまいます。

 

痔の原因は、体質的なものも含めて、体内毒素が溜まっているので、

それをまずデトックスしなければなりません。

その方法がこちら

10日間で痔を改善するデトックスエキササイズ

 

痔に何年も苦しめられてきた人が、

10日で治療できた方法。何年も苦しんできたことにくらべて、

10日で、本当に痔が治るのなら、この期間は長くはありません。

 

→詳しくは公式サイトへ 10日間で痔を改善するデトックスエキササイズ

 

 

また、痔改善売れ筋部門一位の、渡部式「痔」体質改善マニュアル

 

痔=手術と言われた人が、

手術しない改善メソッドで、痔を根治しました。

↓詳しくは公式サイトへ

 

 

 

4、まとめ

 

 

他人事だった「痔」。若い時は、「痔」は、年配の人が悩むもの。

と思っていましたが、実際、出産後から、すぐになってしまいました。

 

しかも、繰り返している悩みです。心の持ちようなら

自分でなんとか自己啓発とかで変えていけるのですが、

これは、誰かの助けと治療法が必要な悩みです。

 

見えない悩みの痔を抱えている人の気持ちが

ちょっとでも楽になればいいなと思って書きました。

 

体質を改善して、負担なく痔を根治したい!!

今回、ご紹介した方法は、そんな希望を叶えてくれる方法です。

 

 
スポンサードリンク

コメントを残す