スポンサードリンク
Pocket

 

日本にいたときは、ほぼ反対側にある国にわざわざ行くなんて
考えられませんでした。

 

でも、今はポルトガルは一番近い国。

 

飛行機だと一時間ほどで到着です。

 

私は北海道出身なのですが、北海道内を旅行するようなものです(所要時間だと)。

 

ただ、子供はその時一歳頃だったので、
その1時間の飛行時間が、5時間くらいに感じられましたけどね。。。
一緒に座っていたくない、あらゆるボタンをさわってみたい、
コーヒーを飲んでみたい、スナックの豆を食べたい、
眠い、歩きたい、全部が叶えられなくてごめんね娘。

 

 

何度キャビンアテンダントの方をボタンで呼んでしまったことか。
飛行機に乗る前に、できるだけ遊ばせて、走らせて、
疲れさせたつもりだったのですが、
子供のエネルギーは無限ですね。

 

そうこうしているうちに、ポルトに到着。

 

コーヒーとワインが大好きな私は、
すぐにこの街が大好きになりました。

 

 

 

 

ポルトガルのカフェで出されるコップは
小さくてかわいい!そして大体1〜1.5ユーロなので、
ちょっと座って休憩して、
景色とおしゃべりを楽しむのに最高です!
結局このコーヒーカップを買って帰ろうと思いつつ忘れてしまいました。

 

ポルトで長年にわたって人気のある
Pastel de Nataのお店

 

 

 

たくさん並んでいて、焼きたてです。

 

 

 

おいしくてぺろっと食べられてしまいます。
甘さ控えめの優しいカスタードと卵の味。
ポルトガルコーヒーと一緒に頂きたいです。

 

 

少し歩いて散歩しながら、
このドン・ルイス一世橋までたどり着きました。

 

 

この橋は観光客でもにぎわっていましたが、
もちろん地元の人も散歩やデートを楽しんでいるのを見かけましたよ!

 

 

 

 

ポルトワインも楽しみました〜

この景色を見ながら、ゆったりとした時間とワインを楽しみます。

 

 

ランチは、名物(らしい)フランセシーニャという
パンの間にチーズ、何種類もの肉、特製ソースを盛り込んで、
その上に目玉焼き、その上にまた特製ソースでくるんだ
ポルトガル料理を食べに。

 

 

 

 

 

すごくボリュームがあって、1人では全部食べきれませんでした。
それか、すごくお腹がすいていたら、本当にエネルギーが蓄えられるランチです。
このフランセシーニャとドリンクで約12ユーロ。私たちは
12時半頃に早めにレストランに入って、
入った時は、ガラガラだったのですが、1時間もすると、
レストランは地元の人々でいっぱい。
外で待っている人もいました。

 

このボリュームなら、食べた後はいいシエスタができそうです。

 

 

ポルトガル②へ続きます