スポンサードリンク
Pocket

和歌山県北部に位置する高野山(こうやさん)。

1200px-Danjogaran_Koyasan12n3200.jpg
出典https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%87%8E%E5%B1%B1

 

世界文化遺産として登録され、
今では年間約180万人の観光客が訪れる高野山の魅力とは?

 

高野山についての豆知識

 

高野山は、
平安時代の弘仁7年(816年)に嵯峨天皇から空海(弘法大師)が下賜され、
修禅の道場として開いた日本仏教における聖地の1つです。

 

現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成しています。

 

山内の寺院数は
高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)、
大本山宝寿院のほか、子院が117か寺に及び、
その約半数が宿坊を兼ねています。

 

宿坊はもともと僧侶の寝泊まりが目的だったのですが、
最近は観光客も利用できるようになっており、
施設の整備が行われています。(Wikipedia参照)

 

 

1、名所が多い

高野山のホームページ
http://nankaikoya.jp/spot/

 

以下ホームページから引用

 

高野山のシンボル、
朱色の根本大塔がそびえたつ壇上伽藍は奥之院とともに
高野山の2大聖地として信仰されている場所であり、
弘法大師空海が山上に伽藍建立の手を入れた
最初の地でもあります。

 

特に、秋には美しい色鮮やかな紅葉を楽しめる
蛇腹路や、いつも人々の苦しみのために汗をかいている
汗かき地蔵など、様々な見どころがたくさんあります。

 

2、季節の楽しみがある

季節ごとにそれぞれの表情が楽しめる高野山。
pic_spring_01.jpg
出典http://nankaikoya.jp/spot/

 

 

春、沿線には鮮やかな菜の花が咲き始め、
時期により、桜は、つつじやバラなどさまざまな花を楽しめます。

 

pic_summer_01.jpg
出典http://nankaikoya.jp/spot/

 

夏は緑に囲まれる季節。
ひまわりやあじさいが花を咲かせる季節です。

 

また、
弘法大師の誕生日を祝う「青葉祭り」も開かれます。

そして秋には、11月ころが見どころの紅葉、
冬には雪に心が洗われるような美しい景観を楽しむことができます。

 

 

3、アクセスしやすい

世界遺産の高野山。

これだけ豊かな景観や
自然が守られていると、アクセスが気になります。

アクセス方法はこちらで紹介されています↓
http://nankaikoya.jp/access/index.html#01

 

高野山周辺についた後は、
バス路線がこんなにあります↓
http://nankaikoya.jp/spot/

 

この中におみやげ店や、精進料理のお店も点在しているので、
アクセスしやすい点もうれしいですね!

 

 

4、名物やグルメも楽しめる

旅の楽しみはなんといっても「食」です♪

高野山では、地元の精進料理やごま豆腐など、
新鮮でその土地ならではの食材を使った料理を楽しめます。

 

明治初期に創業した老舗の本格精進料理のお店などもあり、
高野山なら、絶品料理も楽しめます♪

 

高野山のおみやげサイト↓
http://nankaikoya.jp/shop/

 

 

高野山のおみやげといえば、
ごま豆腐です。
pic_kadohama_01.jpg
出典http://nankaikoya.jp/shop/gomadofu.html#03

 

添加物を一切使用しない
自然な味わいの香り豊かなごま豆腐。
欠かせないおみやげです♪

 

5、温泉でリラックスできる

観光で疲れたあとは、
ゆっくり体を休めましょう。

高野山の周辺には、温泉も多くあります。

露天風呂付客室を備えたホテルや
地元の食材を堪能できるプランなど
大満足できるプランがありますよ♪

 

また、お寺の宿坊に泊まることもできます↓
https://www.fukuchiin.com/

 

この福智院では、毎朝6時から
勤行を行っており、誰でも参加できるとこのこと。

 

日本通の観光客の利用も増えています。

 

 

世界文化遺産として注目されている高野山、
ますます人気が高まりそうです(^^♪

 
スポンサードリンク

コメントを残す