スポンサードリンク
Pocket

あなたが多くの男性にモテて

最愛のパートナーに出会うためのメルマガ。

メルマガ読者限定のカウンセリング無料プレゼント中

登録はこちら>>

 

 

こんにちはALIERIです。

 

私が小学生の頃、クラスにお父さんがアメリカ人でお母さんが日本人のハーフの男の子がいました。

英語も日本語もしゃべれていいなとうらやましく思っていました。でも本人は色葛藤があるみたいで、いきなり泣き出したりしていました。

 

私の娘は父親がスペイン人、母親が日本人です。現地の学校に通っていますが、どうやら友達の言っていることや先生の言っていることがわからないようで

スペイン語になると全く話さなくなってしまいます。

家の中はいつも日本語または英語なので楽しいようなのですが、スペイン語になると、「Si(はい)」「No(いいえ)」あとはPan(スペイン語でもパンはパンです)とか単語程度の発話になります。

まだ2歳半くらいなのに頑張って2つ3つの言語をしゃべろうとしているのが偉いと思いますが、親としてはやはり心配です。

 

 

 

スペイン語がわからなくて保育園がつまらないんじゃないかなとか

自分もスペイン語で話しかけてあげた方がいいかなとか

色々悩みます。

 

でも、日本語はとても大切な言語なので、娘には将来日本語をちゃんとしゃべれるようになって欲しいです。

 

実際、どんなに頑張っても海外で生活していたら

現地の言葉の方が強くなるそうです。

実際日本語学校で定期的に勉強するようにしても、

日本の大学についていけるような学力をつけるのは難しいようです。

 

私は個人的には日本語をしゃべれるようになるのであれば、

新聞を読んだり会議に出席できるくらいのレベルでないと意味がないと思うのですが、

まあそれは子どもが自分で決めることですけども。

 

小学生になったら、日本では短期で子どもを受け入れてくれる学校もあるようなので

短期間日本の学校に通わせようかなと思っています。

 

実際に、海外在住の子どもが日本の学校に体験入学ってできるのかなと思って、調べてみました。

 

スポンサードリンク

日本の学校に体験入学

海外在住の子どもが日本の学校に体験入学することは

学校によってできるかどうかまちまちだそうです。

 

できれば、半年くらい前に体験入学をお願いしたい学校に連絡して

校長先生と直接お話するのがいいということ。

 

学校によっては受け入れたケースがないという理由などで

断られた話も聞きます。

 

でも基本的には体験入学には積極的な学校が多いようです。

 

親としては、自分の子どもに日本の文化に触れて欲しいという理由

日本の学校について楽しいイメージを持って欲しいという理由から子どもを日本の学校に体験入学させたいと思うようです。

 

私も同感です。日本の文化や友達との交流はやはり現地の学校に行かなければわからないことですよね。

世界の反対側に友達がいると思ったら嬉しくないですか?

日本語の勉強のモチベーションにもなりそうだし、日本の人にもスペインに興味を持ってもらったら

なんかよさそう…まあ私の考えはこんな感じ。

 

 

体験入学に必要なもの

 

学校によって異なりますが、事前に大使館から日本の教科書をもらって

勉強しておくことができます。

 

スペインの場合は、大使館に連絡すると無料で小学校の教科書をもらえるようなので

自宅でゆっくり見ることができます。

 

小学校であれば上履きが必要、夏なら水着などが持ち物のようです。

 

 

注意するべきこと

親は事前に日本語のレベルを知っておく必要があります。

生徒を受け入れる学校側も子どもの日本語レベルについて知らなければなりませんし…

 

もちろん日本の学校の子どもと同じような日本語のレベルではないと思いますので

配慮も必要ですよね。

 

子どもが楽しんで学校に通えるかも要チェックですね。

 

 

 

最近娘は「かっこいい」「かわいい」がわかってきたらしくて

好きなものには「かめかっこいい」「ドラえもんかっこいい」と言ったりします。

あとは、食べ物をみたら「わあーおいしそう」と言ったりします。

 

私の親(娘の祖父母)は子どもチャレンジをスペインに送るのが唯一の楽しみのようで

定期的に送ってくれるのですが、チャレンジってすごいですよ。

特に英語のところ。

 

私は料理をしたりちょっと仕事をしたい時に、子どもにチャレンジのDVDを見せているのですが、

それだけでABCの歌とか覚えたりしますからね。

 

これ、私は個人的に自分の子どもがすごいと思わないで、

シマジロウ(子どもチャレンジのキャラクター)がすごいと思っています。(笑)

 

それかベネッセすごいよ。

 

子どもの集中力が途切れない時間、動作、配色、音楽

全部使っていますからね。

娘はテレビに釘付けになっています。

 

DVDで出てくる外国人のお姉さんが「回って~回って~」とか言ってるうちに

子どもは英語覚えてますから。本当に。

 

母が無料で資料請求してくれたのはこちらです。



 

娘も、実際はスペインに住んでいてスペイン語の方が好きになるかと思ったら

スペイン語よりも英語の方が興味があるみたいです。スペイン語もこういうのやればいいのにって思います。

 

 

スペインの子ども向けのテレビは、基本難しい。お母さんといっしょみたいのがなくて、

「今日はPepapigは早起きしました。朝起きるとお母さんはもう台所でみんなのために朝ごはんを作っていました。そこでPepapigはお母さんに何を作っているのと聞いてみました。Pepapigはすごくお腹がすいていたのです。お母さんは学校へ行くから先にシャワーを浴びてきなさいといいました。Pepapigは先に朝ごはんを食べたかったけれど仕方がないからシャワーを浴びることにしました。すると…」

 

こんな感じで説明調なんです。

だからみんなペラッペラペラッペラおしゃべり好きの人間になっていくんですね。

 

 

 

最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました。

ではでは

 

 

応援どうもありがとうございます(*´ω`*)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

今回の記事はどうでしたか?感想やメッセージをもらえると

最高に嬉しいです!

 

 

 

 

あなたが多くの男性にモテて

最愛のパートナーに出会うためのメルマガ。

メルマガ読者限定のカウンセリング無料プレゼント中

登録はこちら>>

 

 
スポンサードリンク