スポンサードリンク
Pocket

 

日本の人口減少が深刻な社会問題になっています。
しかも、それを支援する政府の政策が、なんと
婚活!!!

 

確かに、カップルにならなければ、人工的な治療などしない限り、
いずれは人口減少につながるわけです。

 

日本の「人口時限爆弾」について書かれた記事がこちら↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00010000-binsider-int&p=1
以下引用

日本政府はここ数年、各地で開かれる婚活イベントを支援している。
会話が気まずくなったら、「結婚推進委員会」が場を取り持ってくれる。

企業が始めた「イクメン大学」では、母親としての大変さを実感するために、
おむつを取り替えたりする。

 

政府も委員会を設置してまでがんばっているとは。。。
これは深刻な問題ですね。

 

でも、疑問もありますよね、会話が気まずくなるというのは、
人間関係に対しての問題とか、
今まで育ってきた環境とか、ストレス社会とか、そういうのが関係している
可能性もある気がするんです。

 

 

そして、イクメンという言葉があること自体が、
育児をする男性はかっこいい、いけているというイメージが
もともとあるからではないでしょうか。

 

男女共に働く家庭が多い中で、男性も育児をするのが
当たり前なのでは?という疑問もあります。

 

また、子供を育てやすい環境を作ることも、政府の役割なのではないでしょうか。

東京で、ベビーカーで移動していて驚いたことがあります。

 

エレベーターが遠い!そして少ない!

 

あとは抱っこひもをすればいいと思われるかもしれませんが、
あれ、あの暑さの中では耐えられないくらいで、さらに
重いですよ!

 

 

それにも耐えるのが、子育てで美しいとか
あるんでしょうけど。。。いやー、都会での子育ては簡単ではありません。

 

 

ところで、空港でおもしろいパンフレットを見ました。

20170719_031622.jpg

 

20170719_031630.jpg

「エア婚」というものです。

 

田舎での暮らしに興味のある関西の女性の方対象だそうです。

ゆっくりのんびりした暮らしを求めている方のためのお見合い。

 

そして、そんなところに女性がきてほしい、農家の男性がお相手だとか。

 

このパンフレットを見て、
いろんなところに出会いが設けられているのが明らかです。

 

ここまで大規模にならなくても、パーティーやお見合いなどもあります。

 

出会いの機会はたくさんありそうです。

 

 

人口減少に拍車をかけているのは、出会いが少ないからなのではなく、
それ以外のことになにか原因がありそうです。