スポンサードリンク
Pocket

 

婚活が盛んになる30代~40代。

ebbf820d0d8d270e42a46be9fae08267_s.jpg

相手に求めるものは、収入、社会的地位、年齢、見た目、趣味など
それぞれです。

 

婚活をはじめる背景としてあるパターンが、

学生時代から何年も付き合った相手に

結婚の話をしたら、

男女のどちらかが

「まだいい人がいるかもしれない」
「もう少し経ってからでもいいかも」

と思い、結婚には踏み切れない。

 

その後、なぜかぎくしゃくして、
別れてしまう。

 

20代後半、30代前半は
ちやほやされるものの、
だんだん回りは既婚者が増えていく。

 

話題も、子育てや学校の話。

 

自分も早く「結婚」しなければと焦り、
お見合い系会社に登録したりと、婚活を始める。

 

この記事では、ある女性の婚活事情が紹介されています↓
http://toyokeizai.net/articles/-/187274

 

ここで疑問なのが、
「結婚したら、自由がなくなる」のでしょうか?

 

相手と一緒に暮らしていく、
二人で生活を作っていく。

 

それが結婚の後の生活ではないでしょうか。

 

確かに、結婚すると、自分のために使える
自由なお金や時間が制限されてくるかもしれません。

 

それでも相手と一緒に暮らしたいな
と思うきっかけとかって、何でしょうね。。。

 

お見合いパーティーや、お見合い会社が引き合わせてくれた人。

「この人を好きになれるかな」という視線で考えます。

「婚活」という姿勢で活動しているので、
「好き」という感情はまた違う世界のような気がします。

 

以前、人から言われたことがありました。
「学生時代(社会のステータスに縛られる前)に本当に好きになった人と
一緒にいられるのが幸せだよ」
それから、色々な人たちと出会って、10年以上経ちました。

 

結局出会ったのは、おそらく
世間からすると「普通の人」。

でも、自分にとっては「特別な人」。

本当に大切なことを分かち合える人と出会うのって、
心にも余裕があるとき、
自分らしくいるときなんじゃないかなと考えます。

 

実際に、出会った時から
「出身地、収入、趣味、住所や家、家族構成」
を気にしていたら、その条件に
満足できる人には、いつ出会えるのでしょうか。

 

条件で考えることはこんな感じでしょうか。

出身地→○○出身の人は遠すぎる
収入→年収○○円以上
趣味→同じがいい
住所や家→希望の○○に住んでいる人、家を持っている人など
家族構成→長男、次男、一人っ子、長女、次女など

 

ただ、本当に大切なことは、
結婚して幸せになること

 

それはわかっていても、
相手は、自分が好きになれる人か、
好きになってくれるか、条件を含め考えてしまいます。

 

ところで、結婚する=幸せなのでしょうか。

 

例えば、結婚して〇年、冷めている家庭で暮らしている
子供やカップルは幸せと言えるのでしょうか。

 

結婚することが全てではない時代がきています。

「結婚」は単なるステータスと考えることもできます。

世間体のために結婚するというのもあるでしょう。

海外では、事実結婚、同性カップル、養子縁組も増えてきています。

 

カップルが幸せであれば、
そのまま結婚しないで20年以上カップル。

 

子供がいる彼氏彼女の状態のカップルもたくさんいます。

 

そして、シングルでも、養子を取って
母親になる人。

 

また、色々な人に出会い、独身生活を楽しんでいる人。

 

色々な生き方があると思います。

 

結局、「婚活」に縛られる必要はありません。

 

この記事にあるように、
婚活で相手を見つけるために
ストレスを抱えているとすれば、
それは幸せにつながるのか、疑問です。

 

 

それなら、自分の時間とお金を使って、
自分の満足のいく生活を過ごしたほうが
幸せを感じられると思います。

 

 

 
スポンサードリンク

コメントを残す