スポンサードリンク
Pocket

ぽちっと応援いただけるとすごく嬉しいです

どうもありがとうございます。励みになっています↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛・結婚の豆知識へ
にほんブログ村

 

こんにちは!

本日もブログを訪問して下さり、どうもありがとうございます。

 

好きな人に振り向いてもらえたら…と考えている人はいませんか?

好きな人と両想いになれたら嬉しいのですが、念じているだけではなかなか思い通りにいかないこともあります。

 

今日は、恋愛心理を活用して、簡単に好きな人に振り向いてもらう方法をまとめてみました。

相手に親切にする

好感を持ってくれている相手に対して、嫌な気持ちはしないでしょう。

なので、好きな人に振り向いてもらうためには、まずあなたが相手に優しくして、気にかけることが大切です。

 

人間は、人に親切にされると、お返ししたいという気持ちが出てきます。

逆に、何もしないと、「悪い人間」だと思われないかと不安になるのです。

 

確かに、誰かに親切にされ続けているのに、ある時、自分勝手な行動をすると、悪いことしたな…という気持ちになりますよね。

 

ですので、相手に好意を持ってほしい、振り向いて欲しいと思ったら、まずあなたから親切にしてみてください。

先に相手に与えることです。そして相手があなたに何かしてあげたいなと思ったら、関係はうまくいくはず。

 

私自身は、これまでは人に先に親切にされて、自分も何かしてあげたいと思ってきたパターンが多いので、

やはり先に与える側にならないとと思っているところです。いつまでも、親切をもらってばかりではいけませんからね。

 

笑顔を味方にする

笑顔は、一番大切なポイントです。

できれば、長めのアイコンタクトもプラスしてください。表情では一番大切なのが笑顔とアイコンタクトです。

 

あなたが何を思っているか、どういう気持ちかが一番現れるところですから。

 

逆に、引きつった笑顔で目が笑っていないというのは避けてください。とは言っても、あなたの大好きな人に対してですから、もちろん自然と笑顔になれますよね♪

 

詳しくはこちら:サクッと読める、美女に勝つ第一印象のポイント

スポンサードリンク

好きな人の好きなものをチェックする

好きな人の好きなものをチェックすると聞くと、ストーカー??と思いがちですが、

実際に恋愛心理では、自分の好きなものを好きな人に好感を持ったり、恋愛感情に発展する傾向があります。

 

または、同じ価値観を持っていることもポイントです。

 

特に、お互いの優先していることや、大切にしているものが同じだと感じさせると、居心地の良さにつながったり、振り向いてもらえたりします。

 

相手の好きなものが自分の興味のないものでおも、「苦手意識があったんだけど、楽しそうだね、やってみようかな」「知らなかったけど、面白そうだね!」というコメントで、相手の好きなことには関心があるということを伝えましょう。

 

「あまり興味ないかな…」「好きじゃないかも…」と言うよりは、好感を与えることができて、心の距離が縮まりますよ。

 

相手と違う趣味を見つける

自分にはないものを持っている相手に惹かれる「相補性の法則」というのがあります。

 

好きな相手と趣味などがすべて同じというのも、面白みがないですよね。

最初の頃はいいかもしれませんが、いずれ飽きてきてしまいます。

 

相補性の法則では、相手が少し興味のあるくらいのもののほうがいいでしょう。

この法則を使って、相手にあなたの意外な趣味について明らかにすると、友達の関係で止まっていたのが、発展することがあります。

 

共通の趣味があれば、仲良くなれますが、それ以上には発展しないということもあるようです。

 

友達関係に留まっている。でも、関係を進展させたい人は、是非相手とは違う趣味の意外性を利用してみましょう。

 


相手が予想しているのと違うポイントを褒めると、相手が褒めてくれるあなたの魅力に気がついて、好意を持つ可能性が高いのです。

 

ですが、初めて会った人や、知り合って間もない人には、相補性の法則は使えません。

お互いに違う=合わないと考えてしまうからです。

相補性の法則は、好きな人との関係がマンネリ化していたり、友達関係なのに、恋愛に発展しないという状態で効果を発揮します。

パーソナルスペースとボディータッチを活用する

人によって、居心地がよいと思う、人との距離は様々ですが、一般的には

密接距離、固体距離、社会距離に分けられます。

 

1、密接距離

恋人や家族との近さ 0cm~15cm
友人との近さ 15cm~45cm が許容範囲

2、固体距離 

普通の友人との近さ 45cm~75cm
顔見知りとの近さ 75cm~120cm が許容範囲

3、社会距離

知らないもの同士との近さ 120cm~200cm
会社の商談などの場合 200cm~350cm が許容範囲

 

大まかにわけて、三つになるのですが、私自身は個人的にパーソナルスペースが広い方だと思います。特に日本人は、パーソナルスペースが広いことで知られていますよね。

 

今現在、私が住んでいるラテン系の国では、パーソナルスペースが実に狭いです。本当に狭くて、びっくりしたほどですが…

おそらく、同じことを日本でやったら、詐欺かスリと思われるでしょう。

もちろん、親友や恋人との距離は近くていいのですが、顔見知りでも、知らない人同士でも、あまり関係ありません。

顔見知り程度でしたら、もう友達のように近い状態になっています。

郷に入っては郷に従えと言いますが、慣れるのにも時間がかかりそうです。

 

ところで、恋愛にパーソナルスペースを活用するには、どうすればよいのでしょうか。

ずっと社会的距離にいるよりも、ちょっとしたことから、固体距離に近づいたりすることで、心の距離も縮まるります。

例えば、相手が不快に思ってしまったら、おしまいですが、相手のパーソナルスペースを侵し続けることが、振り向いてもらえるポイントです。

遠くからながめていても、何も始まりませんので…

学校や職場でも、勇気を出して近くに言って話してみるとか、接触する機会を増やすことで、アピールになりますし、振り向いてくれる可能性も高くなります。

 

ボディータッチも、嫌だと思う男性は少ないので、試してみる価値はありそうです。

もちろん、飲み会の時などに酔ってあなたの顔を相手の肩に乗せるなんていうことはおススメしませんが、

手が触れるくらいの、さりげないボディタッチなら許容範囲という男性の意見もあります。

 

 

いかがでしたか?

自然に恋愛心理の法則を使いこなすことで、意中の彼に振り向いてもらえるはずです。是非参考にしてみてくださいね♪

 

 

ぽちっと応援いただけるとすごく嬉しいです

どうもありがとうございます。励みになっています♪↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛・結婚の豆知識へ
にほんブログ村