スポンサードリンク
Pocket

 

 

言霊とは、言葉一つ一つに力が宿っているという

考え方のことです。

自分が発した言葉は、言霊となって、

同じ状況を引き寄せます。

 

(引き寄せの法則について興味がある方は

まずこの本から読んでもいいかもしれません。)

 

 

 

日ごろ口癖になっている言葉が、

「つまらない毎日」「仕事が辛い」「上司が耐えられない」

という人は、そのような状況を引き寄せています。

 

 

嬉しい、楽しい、ありがとう、幸せ、ついてる

という言葉が口癖の人は、良い波動を引き寄せ、

結果的に良い状況にいます。

 

 

ネガティブで自分と違う波長の人と一緒にいると、

なんだか違和感がありませんか?

ネガティブな波長な人と、無理をして一緒にいることはありません。

自分を悪い言霊から守るためにも、離れることも必要です。

 

その違和感には言霊が関わっています。

文句ばかりを言っていたり、ネガティブな考えの人は、

波長までネガティブになるので、波長の違いを感じるのです。

 

しかし、逆にありがとうという感謝の言葉は強力な言霊が宿っています。

 

特に感謝の言葉「ありがとう」には

強力な力があります。

 

今ある状況に感謝しなければなりません。

 

 

 

例えば、いつも残業ばかりで、仕事もコピーかお茶くみ、

なぜ自分がこの仕事をしているのかわからない、

やりがいがない、プライベートでは、恋人も好きな人もいなくて

つまらない。と考えている人がいるとします。

 

しかし、今の状況で感謝できることを考えてみてください。

健康で働ける、おいしいものが食べられる、繋がってくれる友達がいる、

好きなコンサートに行けるなど

他に感謝できることはたくさんあるはずです。

 

感謝の気持ちを持ちましょう。

 

ありがとうと何回も口にすることだけで、

状況が少しずつ変わってくるはずです、

もちろん一日だけでは効果は表れないかもしれません。

違いがでるまで感謝し続けましょう。

 

 

悪い言霊から自分を守る方法

 

悪い言霊から、自分を守るには、

まずネガティブな言葉を使わないことです。

ついてる、幸せ、おいしい、ありがとうのような

ポジティブな言葉を使いましょう。

 

しかし、話をしている相手が会社の上司や同僚だと

そういうわけにもいきませんね。その時は、

反対の言葉とフォローの言葉をかけましょう。

 

反対の言葉は、相手ができない、だめだと言っていたら、

できると言う。

フォローの言葉は、疲れたといっていたら、よく休んで。

と言ってみましょう。

 

こうすることで、悪い言霊が自分に影響するのを避けられます。

 

否定的な人と一緒にいない

否定的な気持ちの時は、

愚痴を言ってしまいがちです。

 

しかし、そんなときに、否定的な人と一緒にいないでください。

ますます悪い言霊が強まって、ネガティブな状況を引き寄せてしまします。

 

大丈夫、絶対できるよ、一緒にやってみよう

という言葉をかけてくれる人が

最高のパートナーです。

また、相手がネガティブな時は、ポジティブな言霊を発してください。

 

そして、自分が今、どういう人たちに囲まれているか、

周りを見てみてください。ネガティブな言霊ですか?ポジティブですか?