スポンサードリンク
Pocket

 

 

2歳児のかんしゃくがすごすぎて、私の食べる量が増えてきています。どこかの本では「2歳のいやいや期は親はひたすら温かく見守る。3歳からはしつけ」と書かれていました。

 

娘は12月生まれなので、ひたすら12月を待っております。

 

でも2歳児のいやいや期がここまで進んでくると、毎日親はへとへとです。

 

そんな時に100倍幸せな生活ができるたった2秒のトリックに出会いました。恋愛や人間関係にも使えそうです。

 

 

スペインでは「cariño(カリーニョ)」という言葉を子どもとか恋人を呼ぶときに使います。

英語だとbabyみたいな感じですかね。子どもを呼ぶときは日本語なので私が「○○ちゃん、cariño(カリーニョ)」と言うと、「○○ちゃん、ちゃん」と言っている感じになります。

 

ですが、このcariñoを言うことで、1秒から2秒、時間を置くことができますよね。

「プチ」って怒りそうになった時にこの1秒か2秒くらいストップして考えてみる。

「どうすればいいんだろう」と冷静になって考えてみる。その後の自分の機嫌も一日も生活も幸せになる。という幸せサイクルが生まれます。(というか、最低限発狂しないで済む)

 

子育てに限らず、恋人と喧嘩しそうになった時や相手にイラっとしそうになった時、

「この人は何を言いたいんだろう」「相手に自分の機嫌を害されないようにするにはどうしたらいいんだろう」と考えるためには、たった1秒や2秒時間を置くことで冷静になれたりします。

 

私の例だと、「○○ちゃん、はやくしないと遅れる!」と言いたいところを、「○○ちゃん、cariño(カリーニョ)…。(子どもが泣いているのを放っておく)」という風に改善できます。

改善かどうかはわかりませんが…苦笑

 

でもイライラし始めたらイライラがとまらないことになります。

 

自分の機嫌をとることが一番大切。

私は自分の機嫌をとると決めています。

 

たとえ相手が仕事関係の人であっても、子どもでも夫でも、相手に自分の機嫌を左右されない。それが幸せな生活を維持できることだと思っています。

 

 

PS

私の楽しみの中の一つにおいしいコーヒーを発見するということがあります。

 

それで、あまりコーヒー自体に詳しくないので、適当に買ったコーヒーがおいしければ当たり、美味しくなかったらはずれという感じで試しています。

 

先日買ったコーヒーがたまたま美味しかったので嬉しい気分になりました(^^)

 

 

味はコーヒー屋さんで出るような深みのある濃いコーヒーです。

 

ミルクを入れた方がちょうどいい感じでした。

 

最近は毎日こればかりです。

 

ちなみにスペインの人はなぜかスペイン産っていうのを大切にしているようです。私は特に気にしないのですが、

スペイン産と海外産のバナナが並んでいたらスペイン産の方が売れているようです。

 

 

ではでは(^^)

 

 

応援どうもありがとうございます(*´ω`*)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 
スポンサードリンク